日々の雑記

参加しているPBW全般に関する日記。最近はPLの日常が段々侵食してきています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
イルミンスールの冒険Part1~聖少女編~(第2回/全5回) 仮アクション(セシリア)
▼プレイヤーの意図

囮をする友達の護衛として動きつつ、黒髪の女を少しでも引き離す。

▼目的

ちびと、黒髪の女からの囮になるスフィーリア・フローライト(SFM0000722)を無事に護り抜く。

▼動機

囮とは、スフィーもまた思いきった事をするのう。…まあ乗りかかった船、ちびもスフィーも護りきるのじゃ!

▼手段

スフィーリア・フローライト(呼び方:スフィー)から離れないように行動するのじゃ。

◆準備
ランタンやローブ、懐中電灯、方位磁石など遺跡の探索に必要そうなものはもって行く。
後地図とかもあれば事前にもらっておくのじゃ。…まさか出し惜しみはしないじゃろ、うむ。
その後スフィーと共に遺跡までは全力で移動、ちびを探す。
ちびが早めに見つかればよいが……はてさてじゃ。

◆合流後
無事に見つけられたら、ちびの部隊から少し離れて変装したスフィーの隣を歩きつつ、黒髪の女が来るのを警戒。周囲には十分注意しておくのじゃ。
どこで見てるかわかったものではないので、話すとき等はあくまでちびに接するように話す。
「この私に任せろなのじゃ、きっかり奥まで連れて行ってあげるからのう♪」

黒髪の女を見つけたらスフィーを護るように前に出る。
「私は蒼空学園のセシリア・ファフレータ。…お主は誰じゃ?名前くらいは教えてくれても良かろう」
乗ってくれたらこの子と一つになるとはどういう事か、などと時間稼ぎがてら情報収集を試みる。
問答無用できそうな気配を感じたり時間稼ぎがもう無理だと判断したら、「逃げろじゃ!」とスフィーに叫びつつ、彼女を護るように私も後退。
火術で柱ないし天井を崩す、それができなさそうなら直接撃ち込んだり氷術で足元を凍らせたりして時間稼ぎを試みる。
「ああもう、話では聞いておったが反則じゃろうこやつ!泣き言を言っても始まらぬが…っと!」

逃げながら女に近づきたい人達の所に行き、その後はその人達の行動に任せる。戦う気配になったら私も氷術等で援護じゃ。
「はあ、なかなかスリルがある逃走劇だったのじゃ…まあ、ある意味ここからが本番じゃがの」


↓以下LC↓

セシリア様と一緒に行動。
ちびさんと合流して変装した後は、スフィーリアさんの前を歩きます。
話したりするのはセシリア様に任せ、前方及び周囲の警戒に努める。
「来たようです。……皆さん、ご注意を」

セシリア様やフタバさんが話している間は相手の様子を探っておきます。
殺気を感じたりしたら、剣を抜きつつすぐに下がるよう促しながら後退。私は殿を務めますね。
火術に合わせて爆炎波を撃ったりして足止めを試みます。
追いつかれそうになったら、身体を使ってでも止めようとします。吹き飛ばして距離を開けたり、攻撃より足止めを最優先に。
もし抜かれてもすぐに追いかけて剣で斬りつけます。
「主人とちびさんには、指一本触れさせません!」
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。